SSブログ
前の1件 | -

【スズキ エブリィ(DA17V)】ヘッドライトのバルブ交換 [クルマ日記]

ひょんなことから増車されたのがスズキのエブリィ(バン)。

平成28年モデルで2回目の車検を通したばかりのDA17Vという型式。


うちに来てから約1ヶ月の時が経過した。


はじめは軽自動車とナメていたけれど、

これが意外に使い勝手が良いのと、機動性に優れていて気に入っている。


しかし、年の瀬が迫った30日に右側のヘッドライトが切れてしまい、

片目のまま歳を越してしまった。


大手カーショップも今年は3日からと営業が遅かったため、

今日、ヘッドライトバルブを手に入れ、その足で交換することに。




クルマをイジるなんて何年ぶりだろうか、、、



最近のクルマはメンテナンスフリーは当たり前で、

アフターパーツの交換なども下手にやると、

警告ランプ発動の恐れがあったりと、

ノーマルで乗るのが当たり前の世の中になってきた。


しかし、この軽自動車の世界は意外にもたくさんのアフターパーツがいまだに売られていて、

交換してカスタムして楽しむ人も多いのだとか。


今回はカスタムではないけれど、

ヘッドライトのバルブと、ポジションランプのLED化に挑戦してみた。


ネットの情報では、エブリィの場合はバンパーまで外す大仕事なので

作業時間は2時間くらいはかかると書かれていた。


バルブなどの買い物時間も考えて、珍しく午前中から行動開始!



A4983F49-559E-41CD-B842-C23AE087D26E.jpeg

昨晩にネットで交換に必要な工具と、交換のやり方を見ておいたので

不安はなかったものの、このエブリィという車種はボンネットを開けるだけでは

ヘッドライトバルブの交換はできないという。



まずは、ボンネットを開けてから作業を始める。



一見して、このままでもヘッドライトにアクセスできそうだけれど、

ネットの情報通りでバンパー部を外さないと、一番下のボルトを外すことができなかった。



ブルーシートを引いて、バンパー下にあるバンパークリップを左右で6カ所外す。

さらにフロントフェンダーとの接合部にある2ヶ所(左右で4カ所)のクリップとネジを外す。

樹脂製のバンパー部とボディとの接合部にあるフックを外す。


すると、バンパーが開放状態になるので、覗き込むようにしてエアダクト付近にある

ボディとの接合部分であるクリップを外してやる。


133E5C30-5D06-4CC8-ACB5-B3240DCA0BB4.jpeg


これで大きなバンパーが外れる。

サーモスタットのような部品が外れにくく、

こんな感じで中途半端な外し方になってしまったが、

作業には影響なさそうなので、そのまま進めていくことにした。



ヘッドライトのユニットは、上部に1ヶ所、中段に1ヶ所、下部に1ヶ所の合計3ヶ所の

+ネジを外せば、バルブ部分にアクセスできるようになった。


これも経年変化のため、カプラーを外しにくいところがあって全外しができないまま

作業を進めることに。


4DB5DF27-B012-4BF9-B25E-9DBE6B6FE6E4.jpeg

上部の黒いのがヘッドライトバルブ。手前の赤いのがポジションランプ。

ブルーの線がついているのがウインカーランプ。



今回は、せっかくなのでポジションランプもLED化してみた。



33685F10-E00B-49E4-A5A6-175058781165.jpeg

ポジションランプはカプラーをぐりぐりと左右に揺らしたら簡単に外れた。




4AE61553-4E46-4F6F-82AE-163E8BC671E4.jpeg

これがポジションランプのLED球。



33B0CA79-3F25-472D-B050-CF58938047BB.jpeg

ノーマル球は、また切れてしまった時のことを考えて保存しておくことに。




1BE0D93C-9528-4D89-AC3C-CCE46079A892.jpeg

右が交換するハロゲンバルブ。国産のメーカー品なら加工なしに交換するだけ。


本当はLED化したかったのだけれど、LED球の場合、バルブの下部に熱効率を下げるための

ファンがついていてバルブ自体がかなり大きくなっていて、加工が必要でめんどくさそうだったのと、

価格もそれなりに高く、気軽に交換という感じではなかったので、

今回は、新年のセール品だったハロゲン球で我慢(笑)



381A7810-2316-4234-8739-F884B207DE8A.jpeg

こちらがハロゲンヘッドライトに交換した方。

右下のポジションランプはLED球。



B5D62CB1-8C89-47B4-A124-FD7B0A8AE34B.jpeg

こちらは切れていなかったノーマルのヘッドライトとポジション。

やや暖色系で思ったよりも暗く感じる。



0A44323F-4606-435A-812E-DFDDC2F613EA.jpeg

わかりづらいけれど、左が交換した白色のヘッドライト。

右はノーマル。


こうして比べると、交換した甲斐がある。


作業時間は約1時間ほどで、ネット情報の2時間の約半分で完了。

ボンネットクリップの着脱には慣れが必要だけれど、

初めてにしては、意外に早く済んだのではないかと(笑)。



1C320FA0-A70A-4FAF-8F1F-276F9F2BE1F3.jpeg

ポジションランプのLED化は目立つのと、かなり明るいので満足度が高かった。




9EA65095-9C75-4D99-BA53-761E26A12846.jpeg

ヘッドライトは、見た目の青白さで明るそうに感じたのだが、、、

実際に走行してみると、最近のLED街頭と明るさが被ってしまい

肉眼ではそれほど明るい印象はなかったのが残念。



やっぱり流行りのLEDが良いのかなぁ、、、



しばらくこれで走ってみて考えよう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。