So-net無料ブログ作成

最終日の夜は、餃子 [クルマ日記]

osaka001.jpg

7連戦のはずが…。すでに東京にいます。

そう、Facebookによるつながりで、飲みに行った夜のこと。一応、というか当たり前なのだが、取材先への確認連絡をすると、「あれ? 聞いてないですか??」。

ありがちなことなのだが、カスタム&チューニングカーの取材では、予定日に取材車両の制作が間に合わない、なんてことは良くある。その流れで、仕上がりが2~3日遅れているとのこと。その連絡を、ボクではなく、編集部に連絡したと先方は言う。

しかし、取材する当人には一切の連絡はなく、3日後の取材も決めれれているという…。

「だったら、早く言えよ!」と、心で叫びながらも、翌日の宿泊をキャンセル、カメラマン氏にも「申し訳ないけど…」とキャンセルを伝える。

出先でのバタバタは良くあるが、こうしたバタバタ劇は勘弁だ。

気を取り直し、知り合いと待ち合わせたのは、その知り合いがプロデュースしたという餃子のお店。法善寺横丁内にあるのだが、雑居ビルよろしく小さな建物にたくさんのお店が入っている横丁にあるので、なかなか見つからない。

やっとの思いで、たどり着き、Facebookのチェックイン用にお店の写真を撮り、登録しておいた。

osaka003.jpg

すぐに出てきたのは、このお店自慢の一口餃子。ありきたりの言い方だが、外側がパリパリで中は野菜が多めのしっとりとした食感。大きさも小さいので、何個でも食べれる。

osaka004.jpg

特性ダレに、ラー油だけとシンプルながら、「ダブル、トリプル」という声が飛び交うほど、餃子の売れ行きは好調。この頼み方、大阪へ来てお昼に食べた餃子の王将で良く聞いた(笑)。

osaka002.jpg

裏メニューの「チャーシュー」は、シッカリと煮込まれていて、口に入れた瞬間にとろけてしまうほどに、柔らかい。

osaka005.jpg

「キムマヨ」は、先ほどの餃子に、キムチを載せてマヨネーズをかけたもの。3人前は食べたというのに、一味工夫するだけで、また食べれる。あっさりとしいて、ピリ辛がビールによく合う。

osaka006.jpg

「水餃子」は、こうして鍋に入ってくる。アツアツで、同じ素材とは思えないくらい、違った味わいが楽しめる。ただし、すぐに食べないと、餃子が溶けてなくなってしまう…(笑)。

おススメの品をすべて完食して、お腹が満たされた頃、「さぁー! 次行くよ!」と、移動の合図。この後、ミナミで数軒、新地で1軒、梅田に戻って2軒と渡り歩き、大阪の夜を満喫(?)。

翌朝、午前の新幹線で東京に戻りました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。